2017.9.04
2017”よい仕事おこし”フェア終了しました。

会期2日間、大勢の方々が弊社ブースに訪れていただきました。
松原大田区長一行様が弊社ブースにおこしになられました。
私の業務説明を熱心に聞いておられました。
足を運んでいただいた方々、誠にありがとうございました。
3Dスキャニングで計測したデータをもとに3Dプリンターで造形した成形型で板金部品製造を行う説明をしています。
3DスキャナーとPCをバッテリー稼働することで迅速な計測が可能と説明しています。
会期2日間、この格好で商談や他社ブース訪問を行いました。
 
内容の濃い、充実した展示会出展となりました。これを機に受注拡大に努めます。 
城南信用金庫のみなさま、大変お世話になりました。

2017.8.13
2017”よい仕事おこし”フェアに出展します。

城南信用金庫様からのご紹介で出展することとなりました。
当日はArtec3Dスキャナーのデモンストレーションや弊社の事例紹介等行います。
日時:8/22(火)10:00~18:00 8/23(水)10:00~16:00
場所:東京国際フォーラム 展示ホールE1・2/ロビーギャラリー
WEBサイト
https://johnanshinkin.jp/2017-goodjob-fair/
よろしくお願いいたします。

2017.8.09
名古屋工業大学ソーラーカー部 新車両 Horizon17 展示会に行ってきました。

 

 
まだ寒い季節から車両の製作が始まり、テックストレーキはCFRP製シャシーの3Dスキャニング&リバースモデリングを担当させていただきました。
これからオーストラリアのレースに出場します!

詳細

2017.8.06
「大田区研究開発型企業ガイド2017」に掲載されました。

研究開発機関や大学等に配布されます。受注拡大に期待します。
WEBサイト
http://www.mirai-ota.net/
大田区研究開発マッチングシステム

2017.7.02
「リバースエンジニアリング」ページの更新を行いました。

F-15(模型)の3Dスキャニング⇒リバースモデリング作業⇒3DCADデータ化。

 
 
機体右面:3Dスキャニングデータ(ポリゴンメッシュ)
機体左面:リバースモデリングデータ(3DCADデータ)
 
実機形状資料がないので模型を3Dスキャニングして実物スケールに変換しました。
参考形状資料として様々な検討を3DCADで行うことが可能になります。

2017.6.26
「リバースエンジニアリング」ページの更新を行いました。

T-4(模型)の3Dスキャニング⇒リバースモデリング作業⇒3DCADデータ化。

 
 
機体右面:3Dスキャニングデータ(ポリゴンメッシュ)
機体左面:リバースモデリングデータ(3DCADデータ)
 
実機形状資料がないので模型を3Dスキャニングして実物スケールに変換しました。
参考形状資料として様々な検討を3DCADで行うことが可能になります。

2017.6.21
「日経テクノロジーonline」にテックストレーキが紹介されました。

http://techon.nikkeibp.co.jp/PR/20000344/20002981/
 

TMAN 「Tokyo Metropolitan Aviation Network」参加企業として掲載されました。
もっと多くの方々に弊社を知っていただく機会となることを期待しています!

2017.5.23
「リバースエンジニアリング」ページの更新を行いました。

ウィンチ(巻き上げ装置)の3Dスキャニング⇒リバースモデリング作業⇒3DCADデータ化。

 
 
上面:巻き取りドラム部位を詳細にモデリングしています。
下面①:モーター部位、電線を詳細にモデリングしています。
下面②:吊り上げスリング等、詳細にモデリングしています。
下面③:全体表示
 
スキャニングデータを元に細部まで詳細にリバースモデリングをしています。このように図面や3DCADデータがない産業機器をリバースモデリングします。その3DCADデータを設計基礎データとして利用することで再生部品、機器カスタマイズの事前検討が出来るため「手戻り」を防止して設計工程⇒製造工程の効率化をはかることが可能になります。

2017.2.4
第21回高度技術・技能展 おおた工業フェア2017終了しました。

大田産業プラザ PIOで開催されたおおた工業フェア2017が終了いたしました。
 
 
ブースの模様です。 
ハンディ3Dスキャナーのデモンストレーションにご協力いただきました。
 
最もアピールしたい航空機のスキャニングデータが公表できないのが残念ですが。
ご来場、名刺交換していただいた方々、誠にありがとうございました。 
 
大田区産業振興協会様、日本特殊工業様 ありがとうございます。

2017.1.31
第21回高度技術・技能展 おおた工業フェア2017に出展します。

2/2(木)~2/4(土)の期間、大田産業プラザ PIOで開催される展示会に出展いたします。
今年も日本特殊工業様のご厚意で一角をお借りしての展示です。
2/2(木)~2/3(金) 10:00~17:00
2/4(土) 10:00~16:00
 
写真は昨年の弊社のブースです。 
ハンディ3Dスキャナーのデモを行います。よろしくお願いいたします。 
大田区産業振興協会様、日本特殊工業様 ありがとうございます。

2016.12.03
おおたオープンファクトリー終了しました。

 

本日は弊社にたくさんの方々が見学に来てくださいました。

 
 
 
デモンストレーションで訪問者の方々を3Dスキャニングしました。
先日入手した、Artec Studio 11が高性能であることを再確認いたしました。
短時間で多くの方々を3Dスキャニングすることが出来ました。
 
大田区観光協会の皆様
ねじまき隊、お手伝いしていただいた皆様
大田区産業振興協会の皆様 ありがとうございました!

2016.11.16
TMAN参加承認されました。

 
TMAN 「Tokyo Metropolitan Aviation Network」事業参加承認書が届きました。 
 
東京都が運営している「航空機産業への参入支援事業」への参加が承認されました。
まだ創業まもない会社ですが、今までの航空機産業で培った技能を生かして「3D技術」と「航空機構造板金作業」を柱に成長していきます。
東京都産業労働局商工部 永瀬様 ありがとうございました!

2016.11.15
Artec Studio 11(3Dスキャ二ングソフト)入手。

先日、世界で10個の「Artec Studio 11」が抽選で当たる!とのことで弊社が使用している3Dスキャナーメーカー「Artec 3D」社のアンケートに回答したところ、奇跡的に当選しました。メーカーが「自動処理機能」の強化をうたっているだけあって、スキャンデータの合成処理などが以前のバージョンと比較して高速になっています。
Design X(リバースモデリングソフト)にも直接エキスポートできるので作業の効率化が図れます。スキャンする対象物にもよりますが、スキャン作業の高速化が期待できます。
 
Artec Studio 11からDesign Xへ直接エキスポート。すぐにモデリング作業が可能。
 
レンダリングが鮮明になりました。
 
 Artec 3D様、今後ともよろしくお願いいたします。

2016.11.07
エコールド社製ハンドフォーマー入手。

板金職人のあこがれのブランド、スイスの「エコールド社」製のハンドフォーマーを入手しました。ハンドフォーマーとは金属板を「絞り加工」して歪取りしたり、金属板をL形状に折り曲げたものを「絞り加工」して弓なりに成形加工することが出来ます。別名「シュリンカー」とも呼ばれます。他社のシュリンカーに比べると堅牢であり、何よりジュラルミン板(アルミ合金板)に深い傷をつけることなく「絞り加工」が行えるツールを装着できます。
航空機構造の板金作業には欠かせない設備です。
 
 
平らなジュラルミン板(2024-O t=0.040")を「絞り加工」してお椀形状にした写真。
 
「絞り加工」した板端面。ジュラルミン専用のツールなので傷が付きません。
 
 エコールド・ジャパン様、今後ともよろしくお願いいたします。

2016.11.02
「うめナビ」一面に掲載されました。

城南信用金庫様の情報誌「うめナビ」2016.11 Vol.56に掲載されました。
 
 
 100部!いただいたので、営業活動に役立てたいと思います。
城南信用金庫各担当者様、ありがとうございました。 

2016.10.31
2016年国際航空宇宙展(JA2016)終了報告。

10/12~10/15の期間、東京ビッグサイトで開催された「2016年国際航空宇宙展(JA2016)」に大田区産業振興協会様のブースで出展させていただきました。
 
 
 
 
 
 
お取引様や、沢山の方々がブースに訪れて頂きました。また、以前に在籍していた企業の担当者様に久しぶりにお会い出来て、大変充実した展示会となりました。
各航空機メーカーや運航会社のエンジニア様の来訪もあり、この展示会が航空産業にとって重要なイベントであることを改めて認識しました。
このような機会を与えて下さった、大田区産業振興協会様や日本特殊工業様に感謝しております。